ちょっと道草 210508  写真で Go to西表島15  別荘民宿車中泊たまに野宿C

 

 

 

 

 

ドンと儲けたということはドカンと失っちまうことだってあり得るので、老婆心ながら「預金しといた方がええんちゃう?」というような話を韓国の別荘持ちにしたことがあります。彼一瞬目がマジになりましたが、当時は余裕のよっちゃんだったらしく、その後も所有地を広げ、新たに小屋を建て、ぼくの為に一室を作ってくれたりもしました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071611j:plain

高知県産材が高知港から韓国に届いた 070823 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071630j:plain

フォークリフトで別荘へ 070823 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071647j:plain
全羅北道の別荘 070823 

 

3つの絵は高知県産のスギ・ヒノキが

全羅北道にある友人の別荘に届いた

という話なのですけれど、短く書くには

余りにも長い経緯があり

悲しい想い出もあり

いずれ整理したいと考えています

 

ここはいつでも泊まれる他人の別荘でしたが

放浪癖のある自分はヤドカリが好きで

 

苦節ン十年後にやっと得られた自由をもって、わが生涯はじめて買ったピカピカのワンボックスを動く別荘とし、九州は枕崎から北海道の宗谷岬まで走りました。新車はシャンと走ってシャンと止まります。へえ! こんな世界もあったのかと中古車に封じられたわが生涯をいくらか悔やんだものでした。

 

車だから道さえあれば、どこでも行けるし、寝られるはずとタカを括って出発しましたが、滅多なところで車中泊しているとパトカーがやってきます。三重県山中の道路脇で休んでいると目の前をパトカーがよぎりました。警官の目はナンバープレートの登録地に向けられるらしく、四国を出るとやたら目立つ「高知」がチェックされたか、自分の運転が不審がられたかは分かりませんが、Uターンしてきたパトカーに追われて停車させられ、車の窓越しに若い警官と押し問答になりました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071715j:plain

三重県 伊賀焼伝統産業会館の登り窯 130602

 

「何か?」「免許証を見せてください」「わたしが何か悪いことをしましたか?」「いやそういうことではありませんが免許証を」「何もしていないのに免許証を提示する義務がありますか?」「ともかく免許証を」「わけもないのになぜ免許証を見せなければならないのか。あなたは警官ですか? だったら警察手帳を持っていますね。先に見せてください」と逆襲したところ彼は胸のあたりを探って「これです」と黒く厳かな意匠の手帳を取り出しました。やられっぱなしでは悔しいので対価を求めたわけですが、おかげで生きた警察手帳を見る機会に恵まれました。当節の子どもっぽい絵が付いた預金通帳やカード類とちがい、権威をにじませたデザインでした。やや胸のつかえが下りたので、ではどうぞと青い(前科者の^^)免許証を差し出したことでした。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071733j:plain

伊賀焼 130602

 

尊敬する陶芸家の知人によると

宋の時代の一級品には欠点がない

しかし「超一級品にはどこかに

わずかな疵がある」のだそうです

 

「う~ん」と唸って疵というより

地球の裂け目を思わせる

伊賀焼の壺を思い出しました

焼成過程で割れちまったものですが

この傷跡に華を見る日本の美学は

かなり特殊な文化なのでしょう

 

 

新潟の海沿いの公園で昼寝をしていたら、ここでも警官に窓ガラスを叩かれました。寝ていたところを起こされると状況理解に時間がかかります。やや間を置き「ここは駐車場でしょ? 何か?」と確認しましたが、例のごとく「免許証を」求められました。チマチマした交通違反なら何度もやっており、白バイに追われてバイクを停めたり、パトカーに連れ込まれたりした経験はありますが、悪いことは何もしていないのに免許証とは何事か「提示義務がありますか?」と拒みました。「すみませんが免許証を」と穏やかに繰り返すので、しぶしぶ見せはしたものの犯罪者を見るような目で見られるのは良い気持ちはしませんね。日本海側は対岸国の小舟や浮遊物が流れ付くことがあり、新潟には原発もあるので神経質になっているようです。

 

ちなみに白バイやパトカーに追われて車を停めると警官は「お急ぎのようでしたね」とか何とか、場に似合わぬ笑みを浮かべて寄ってきます。業務と言葉がちぐはぐなので、あの落差は何じゃろと考えていたところ事情通が「あれは交通警察のマニュアルにあるのですよ」と教えてくれました。「ドヤしつけて反発されるより笑顔でサインさせれば手間がかからない」のだそうです。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071751j:plain

新潟県長岡市寺泊 白山媛神社に奉納された船絵馬130515

 

静かに見えても湾の内外では風も波も全くちがいます

2馬力の船外機でゴムボートを走らせて分かったことですが

波が目の高さまで上がるとボートは傾き慌てて引き返す他ありません

べた凪の日でなければ外海には出られないことを知りました

 

江戸期の船は帆が1枚きり

追い風に帆を上げれば楽に進みますが

向かい風に逆らって櫓を漕ぐのは大変かと

命を張って沖へ出た北前船の船乗りが

安全祈願の絵馬を奉納した気持ちが偲ばれます

 

 

四国を離れて目立つのは何といってもナンバープレートの県名です。北海道はダム脇の駐車場で運転席の窓ガラスを枕にうとうとしていたら後頭部で恐ろしい響きがしました。すわ何事かと思って外を見ると窓を叩いたおっさんがわめいています。「いやあ珍しい。なんと高知から来ましたか。私も観光旅行で高知へ行ったことがあります。桂浜で坂本龍馬を見ました」とか何とか言いながら懐かしがってくれましたが、高知ファンは嬉しいんだけど窓ガラスは静かにコンしてよと、、

 

f:id:sakaesukemura:20210508071819j:plain

北海道沙流川の二風谷ダム 151014

 

f:id:sakaesukemura:20210508071840j:plain

傾いたコンクリート塊は階段状の魚道 151014

 

アイヌ居住地に建設された

ほとんど落差のない平地のダムに

どんな意味があるのだろう

広い川幅の狭い魚道を探しあて

登り切る魚がどれだけ居るのだろう

 

 

福島県の給油所に停めたときノズルを持った若いお姉ちゃんが、じっとナンバープレートを見つめ、驚いた声で「高知ナンバーは初めてみました。わたしは漢字の組み合わせに興味があるんですけど高知って頭よさそうですね」とマジな目で感心してくれました。高知の人間がみな「高い知」を持つわけではありませんが、ホメ言葉をもらうと悪い気はしないものです。「いやあそれほどでもね~ヨ」とクレヨンしんちゃん風にアタマを掻いて別れました。高知では「高が知れている」と自虐的に読みますけど^^!  高知県をぶら下げて遠出するといろんなコトが起きます。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071900j:plain

福島県 飯館市110816

事故後5カ月を経て

主を失ったお屋敷に雑草が伸びた

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071925j:plain

福島県 飯館市110816

封鎖された牧場入り口

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508071947j:plain

福島県 飯館市 130529

事故後2年目のポニー

 

 

f:id:sakaesukemura:20210508072009j:plain

福島県相馬市周辺のヒマワリ畑 110816

 

農でも趣味でもなく

放射能除去を狙って植えられた

切ない夏の花

210508記 つづく

 

道草の道草 210502 どこへ行くにもバイクが一番 !

 

 

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093224j:plain

西表島のレンタカー屋で見つけた

原付の傑作ホンダZOOMER  130920

 

デカい重いやかましいバイクの三兄弟

ドカティBMWハーレーダビッドソンにはない

どこか漫画っぽくて愛嬌のある

ZOOMERのデザインは

ホンダの歴史が匂うヤマト味です

見かけるたびに目で追ってわくわくします

 

所詮は原付だから使えるパーツは限定されますが

狭い条件をくぐり抜けてこの形を生んだ

工業デザイナーは優秀ですね

 

トンボの目玉みたいな2眼の前照灯

オフロードのBAJAバハゆずりでしょう

機能的にもデザイン的にも優秀です

スクーターのように抉り込んだ足元には

スーパーの買い物袋をひっかけることもできます

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093319j:plain

ラオス 180917

 

メコン川沿いの宿場町ムアンバークベンで

おっとこんな山奥にBAJAが? と

散歩の足を止めて庭を垣間見たら

酒盛りを始めたふたりが手で招きます

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093346j:plain

ホンダBAJA  180917

 

レース用のオフロードバイクがつくれる会社は

世界に4つしかないと言ってよいでしょう

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社です

各社各様にオフロードを設計していますが

トンボの目玉はホンダだけ^^!

 

ぼくは長くヤマハのオフに乗ってきたので

埃っぽい外観を見ただけで

どんな道をどんな風に走っているか想像がつきます

 

バイクのよしみで意気投合し

ラオス語と日本語の間に

バイク語変換ソフトを挟んで

(どうせ大したことは喋っていません)

ラオスの名産ビアラオで乾杯!

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093459j:plain

西表島ピナイサーラの滝が見える路上にて140426

 

翌年ふたたび同じバイクを借りました

空気圧、ブレーキ、オイル交換等ヤマトでは

重要部の点検整備は当たり前のことですが

 

どうやら南西諸島のみなさんは

貸し賃以外のことには興味がないようです

潮風のせいかバイクの鍵穴が固着し

キーを差し込んでも回らず

おかげで長い距離を歩かされました

 

沖縄本島、徳之島、奄美大島でも

各種バイクを借りましたが

車検があるなら陸運局

渋い顔をするやろなという整備状況でした

 

台湾では日立のバッテリーを積んだ電気モーターバイク

タイでは現地生産の新車っぽいバイクに乗りましたが

いずこのヒトも他人が乗るバイクの整備には情熱が湧かないようです

これが自分のモノならピカピカに磨くんでしょうけど(^^

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093540j:plain

Monkey   *ネットより

 

亀仙人が愛した小さなモンキーは

ヒトと機械の不釣り合いを狙った遊びバイクです

バイクの機能性という観点から見れば

とても許せない設計思想ですが

乗って嬉しく見て愉しいのは

デザインが優秀だからでしょう

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093558j:plain

元祖Monkey   *ネットより

 

工業高校機械科の生徒が

就職したら赤いモンキーを買う

改造費に車体価格の倍くらいカネが掛かるけど

オレは買うと息巻いていました

 

走るだけが目的なら無駄な投資ですが

趣味でいじっているうちに

整備のワザが上達するだろうし

モノを見る眼も磨かれます

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093614j:plain

ホンダJAZZ   *ネットより

 

営業写真なので大きく見えますが、

ホンモノはずっと小振りで

エンジン部が空っぽに見えます

サルが乗るには丁度かなってバイクです

 

ホンダは他3社にはないところの

間抜けなバイクをいくつも世に出しています

原付のアメリカンなど愚の骨頂で

酒場の笑い話にはなっても

本当に作って売り出すとなると

正気の沙汰ではありませんw!

ハーレーダビッドソンのオーナーが見たら

腰を抜かして考え込むかも

 

若い設計チームが持ってきたふざけた図面に

ゴーサインを出した上司は

良く言えば仕事と遊びが一致した

正直に言えば遊びたくて

ホンダの社員になったのではあるまいかと…

会社と社会に余裕があった時代の話ではあります

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093636j:plain

新型モンキーと元祖モンキー  *ネットより

 

非力な50㏄では今どきの

交通事情に合わないからか

元祖モンキー50㏄は125㏄に転換しました

 

しかし車体を大きくした新型モンキーは

機能的には優秀でも

遊び心が薄まったので

亀仙人は乗ってくれないでしょうね

 

ぼくはいまバイク屋で新型モンキーと並んでいた

緑のクロスカブ110に乗っています

どこかZOOMERに似ています

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093654j:plain

Dボールのランチちゃん  *ネットより

 

銀行強盗のランチちゃんが一輪バイクに乗ったのは

1990年代初期だからまだセグウェイは現れておらず

ワンホイールバイクはバイクがお好きな

鳥山センセの創作かと思われます

(それにしても絵がうまい!)

 

下記サイトのヘンテコバイクは漫画が先行し

技術が後から付いてきた事例といえそうです

(銀行強盗はできそうにないですけど)

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1505/01/news095.html

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502093707j:plain


ホンダジェット  *ネットより

 

バイクの古典「スーパーカブ」に始まり

排ガス規制を突破した「シビック」で車世界に参入し

翼の上にエンジンを置いた「ビジネスジェット」を

成功軌道に乗せたホンダ社は

2021年ついに宇宙産業へと乗り出しました

次はロケットをやるそうですw!

 210502記 つづく

 

 

 

 

コロナ補記

いつしか高齢者に分類されちまったぼくのもとに「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」が届きました。「医療従事者、高齢者、基礎疾患のある方」の順に開始するそうです。三密はいけない。連休も外出するな。しかしオリンピックはやるという矛盾だらけの行政指導の中での「説明」です。後日の裁判に備えて慎重を期した文面と捉えてよいでしょう。

 

「発症予防効果は約95%と報告されています」「現時点では感染予防効果は明らかになっていません」「主な副反応は注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラサキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまで明らかになっていない症状が出る可能性があります」「これまでのワクチンでは使用されたことのない添加剤が含まれています」「予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています」等、恐ろしげな記述があるのは、接種による利得と危険性について説明はした。後は自己責任でどうぞということでしょう。(*全文写真添付します)

 

オープン戦で大活躍した大谷翔平選手は、開幕直前に接種し、副反応で体調を崩したらしく(そのせいかどうかは不明ながら)開幕日にはノーヒットでした。筒香嘉智選手は「4月29日、新型コロナのワクチン接種後の副反応で体調不良を訴え、コロナ関連の負傷者入りした」(現在は回復)。メジャー歴代2位の755本塁打を打ったハンク・アーロン氏は「1月5日に新型コロナ感染予防としてワクチンを接種」しましたが、「1月22日86歳で死去した。ブレーブスから死因の特定は公表されていない」そうです。

 

何度か引用した井上正康医師は、接種後の副反応は大した問題ではなく、本当の問題は長期的なものであるとし、暗に遺伝的影響に触れています。「で、お前はどうする? 只で打ってくれるんだぞ」と問われたら「やなこった」とお答えします。明け透けに申せば、コロナ騒ぎは世界政治と医療産業を巻き込んだ壮大な詐欺ではないかとニラんでいるからです。

 

日経新聞には世界の感染者死者数が掲載されていますが、表示される16カ国総てが白人(系)国であり東洋人国は1国もありません。5月2日付の同記事からアメリカ、インド、日本を並べると人口比を差し引いても日本とは1桁2桁ちがいます。それは何故かと考えるときフツーの頭を持つ人間なら誰だって大いなる疑念に行き着くでしょう。

 

世界1感染者の多いアメリカが3200万人(死者58万人)

次いで感染者の多いインドが、 1900万人(死者21万人)

日本は                                             60万人(死者  1万人)

 

コロナは武漢の海鮮市場から始まったと言われますが、Chinaの市場はどこでも野生生物の取引をしており、武漢の市場だけが疑わしいわけではありません。当然のことながら武漢にあ ったウィルス研究所が怪しいわけですが、おかしげな言動を繰り返すテドロス事務総長ひきいるWHOが調査に入ったのは1年後のことでした。素人が考えてもまともな調査ができるわけがありません。その混乱の中で香港、アメリカ大統領選挙南沙諸島尖閣ミャンマーと世界は急激に揺れ、新たな冷戦構造の中でアメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツの艦船がアジアに集結しています。

 

しかるに日本国の国会は防衛・外交・経済を語らず、瑣末な議論に終始し、眩しい光から眼を伏せるようにChina関連のテーマから逃避しています。日本人から知力と道徳を奪うことが目的であるかのようなメディアの偏向は語るまでもないでしょう。コロナの内実を良く知る彼らはワクチンを打ったのだろうか、彼らが理想とする共同体はどこにあるのだろうかと邪推を重ねて溜め息ひとつ、愚痴っぽくなりました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502095932j:plain

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210502100114j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

道草の道草 210426 連休にもGo toできない都会の人のために高知の春  

 

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125222j:plain

高知市春野の梨園 210425

 

210413号で紹介した梨園

2週間ぶりに出向いたら

若葉はやや繁り

実はだいぶ太りました

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125241j:plain

梨の実 210425

 

今年はコロナで外食産業の需要が減り

野菜の市場価格はさっぱりです

集近閉~~! はいかんというから

冠婚葬祭が盛り上がらず

真っ先に花卉農家がやられました

 

「梨はどんなことですか?」と聞きましたら

「久々の高値だった」

「へえ! なんで?」

「温暖化の影響で梨全体の収量が減ったから」

「儲かりました?」

「いやあウチは……」ってことで梨価格は

コロナとは関係なく高値で推移したようですが

みんなが採れないときは自分も採れないので

いかなるときにも農業は儲からない

仕組みになっています

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125342j:plain

風に煽られるケシの花 210425

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125403j:plain

タンポポ 210425

 

蕪村に「北寿老仙をいたむ」と題した追悼詩があります

タンポポを見るたび、しんとした静けさの中で死者を想起した

「蒲公英の黄になずなの白う咲きたる見る人ぞなき」

の一節が思い出されます

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125430j:plain

波介川で(たぶん)バス釣り210425

 

淡水用の遊び舟は

前後の電気モーターでプロペラを回し

足で操舵し、手で釣りをする

ドラマーみたいなスポーツです

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125450j:plain

波介川 210425

 

こちらはエンジン+電気モーター

川べりを狙って春の休日をひたすら

投げちゃ引き投げちゃ引き

釣れてもリリースするのだろうに

ご苦労なことです

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125524j:plain

枇杷 210425

 

花はどんな花でもきれいですが

枇杷の花だけはちょっとナです

でも実に色が付くと風情がありますね

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125543j:plain

アヤメ 210425

 

「いずれアヤメかカキツバタ」と言われるくらいだからぼくには両者の区別はできませんが、「からごろも 着つつなれにし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ」と詠んだ伊勢物語の歌は知っています。五七の頭にカキツバタを織り込み、とんでもない技巧を凝らした恋の歌です。敢えてこのワザに匹敵する歌を探すなら「いろは歌」くらいのものでしょう。「いろはにほへと」の各文字を重複することなく使い、深い哲学を織り込んだ離れわざです。

 

富嶽にAIを乗せて走らせたら「かきつばた」や「いろは歌」の解読はできるかも知れませんが、スーパーコンピュータが量子コンピュータになっても機械が歌を詠むことはありません。価値を創るのはヒトの心であって機械は道具にすぎないからです。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125625j:plain

満開のアケボノツツジ 210425

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125647j:plain

210425

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125732j:plain

波介山展望所より210425

 

向かいの山のてっぺんに

何があるかというと

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125757j:plain

ソーラーパネル 210425

 

太陽光発電が悪いとは言わないけれど、

木を伐り、森を剥ぎ、泥土を流出させてつくられる

電気って何だかな~と考え込んでしまいます

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125823j:plain

USA 210425

 

海の向こうは太平洋

その向こうにUSA があり

こっちにもUSA があります

宇佐って名の町ですと

高知新聞に書いていました

 

そのUSA中学校の背後地の山に

太陽光を建設する案が出されましたが

地元に反対運動が起こり

擦った揉んだのあげく中止になりました

 

足摺岬の手前に美しい砂浜があります

その大岐海岸の近くでも太陽光が云々されましたが

どうやら中止と相成ったようです

 

しかし高知さいごの秘境ともいえる

宿毛湾側の照葉樹の森が伐採され

薙ぎ倒されているのは見るに忍びないです

今ごろ禿げ山にサロンパスよろしく

シリコンが貼られたことでしょう

 

飛行機で関空へ向かうと窓の下に

ゴルフ場とソーラーパネルが見えます

山々のいたるところに十円玉ハゲがつくられ

夥しい数のパネルが置かれました

 

モノには似合う場があります

拙宅の近くにゴルフ場がありました

今はソーラーパネルで埋めつくされています

ゴルフ好きに恨みはありませんが

見るたびにああよかったと思いますね

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125848j:plain

サクランボ 210425

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125909j:plain

サクランボ 210425

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426125935j:plain

畑 210425

 

ビニールの下に何が植わっているか

わかった人は農村検定1級合格です

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426130204j:plain

210425

答は葡萄です

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426130226j:plain

210425

早くも実を付けました

 

 

f:id:sakaesukemura:20210426130252j:plain

土佐市の田んぼ 210425

 

植えたばかりの苗は

頼りないものですが

あっという間に分けつを繰り返し

稲穂を垂らします

210426記 つづく

ちょっと道草 210419  写真で Go to西表島14  別荘民宿車中泊たまに野宿 B

 

 

 

 

 

都市で仕合わせを実現しようとすれば、それなりに物入りです。だから田舎暮しに憧れ夢のような絵を描く人もいますが、下準備もなく田舎に入った人は、やがて異文化に戸惑い、後悔することになるでしょう。都市と田舎の良いとこ取りをして後半人生をたのしもうとお考えの方は、それなりの覚悟もって早めに構えをした方がよろしいというのが四国の山間で6年暮らしたぼくの結論です。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064632j:plain

西表島星立(干立)の保存家屋 140425

 

縄文時代の竪穴住居が

カッコよく立ち上がったような家です

障子と襖でゆるく仕切られた空間だから

家人の気配がビンビン伝わります

 

日が落ちたら炉端で鍋を囲み

魑魅魍魎が跳梁する闇に包まれ

子どもはお母さんにひっついて

みんなで寝ましょって設計ですね^^!

 

森の別荘

人生の一時期にドンと儲けた人が、別荘を建てようが、クルーザーのオーナーになろうが、どうぞご勝手になんですけど、別荘を持ったことのない者の空想でいえば、やめといた方がよろしいのではないかと、、理由は、別荘が持てるほどのカネ持ちは仕事が忙しくて別荘へ行く暇がない。やっと別荘が手に入って嬉しいという程度の金持ちだと自分が管理人になってしまう。自然の中で悠久の時間に身を任せようとか何とかいう土建屋のキャッチコピーに釣られて甘い夢を描き、確たる目的をもたずに別荘へ行っても、そこで何をしてよいか分からない。別荘には足がないのでご近所さんとトラブっても逃げられない等々まあ持てない者のやっかみなのでテキトーに読んでくだされば有り難いです。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064712j:plain

蛇口の受け皿は

シャコ貝の片割れ!

 

昭和30年代の農村を知る自分には

違和感のないつくりですが若い人が

住みたいかと問われたら

ちょっとでしょうね

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064729j:plain

なんと礎石は

造礁サンゴ!!

 

夜が明るくなり

みんながスマホをもって

違う世界を意識する時代には

そぐわない設計ですが

 

ひとりになりたければ

家のまわりに森があり海があるから

イヤになるほど個人主義が味わえます

 

都市のマンションと田舎の在来家屋と

どっちか選べと言われたら

それはもう一も二もなく

 

民宿なら飯付きで7~8000円が相場だから仮に1日1万円とし丸1年プー太郎しても365万円⇒車1台買ったと思えば安いものです。ピンキリながら別荘と名が付けば車より1桁上の物入りなので、庶民よりちょっと上ていどのカネ持ちには覚悟が要ります。モノは考えようだし人それぞれ目的があるわけだから他人が意見するようなことではありませんが、そもそも遊び暮らして本当にたのしいかどうか、心の満足にはカネや別荘とは別の問題があるように思います。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064753j:plain

高知市浦戸湾 210318

むこうは湾と太平洋を同時に見渡せる浦戸大橋

 

海の別荘

拙宅の裏山を下りると紀貫之土佐日記した浦戸湾が広がります。向かいにマリーナがあり、ずらりと並んだ小船にびっくりするほど高いマストが波に揺られています。中には加山雄三が火事で失った船もこんなものかなと思われる立派なクルーザーがあり、所得ランキング最下位を低迷する高知にも金持ちはいることが分かります。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064813j:plain

浦戸湾のマリーナ 200222

 

しかし龍馬像が睨みを利かす桂浜沖が、ヨットやクルーザーで賑わっているかといえば、青い海にセールが揺れ、白い航跡が行き交う日はめったにありません。舟遊びは人生最高の時間ですが、せっかくの贅沢船が埠頭にもやう海の別荘では寂しいような気も、、オーナーはたまの休暇を盗んで訪れ、船室でパソコン叩いたりして「冬ごもり妻にも子にもかくれんぼう」 (蕪村)を決め込むのでしょうか。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064838j:plain

浦戸湾に咲く雑草の花 210318

 

遊ぶ訓練

どの国のヒトも法曹界でメシを食うには青春を犠牲にする必要があるらしく、以下はKoreaの友人弁護士が同業者について語った言葉です。「高校時代に必死で勉強し良い大学に入った。大学時代に徴兵義務を終え、死に物狂いで勉強し弁護士資格を得た。事務所を開き、人を雇い、それなりのトシになってやっと暮しが安定した。カネはある。ヒマもある。晴れて自由を鷲掴みしたけれど、さて何をして遊ぼうかと考えたとき、自分は遊びを知らないことに気がついた。だから用もないのに事務所に顔を出し、椅子に座って家に帰るのが日課だ」等々、それは弁護士仲間を指してのことか、あるいは問わず語りに自分を語ったのか、よく分からないところはありますが、学ぶことと遊ぶことが背中合わせの関係にあることは確認できました。たまの休暇に別荘へ向かっても遊ぶ訓練をしていなければ遊べないわけです。

 

心の別荘

ではKoreaにおける遊びとは何か? 観光産業が提供するフツーの遊びならなんぼでも思い付きますが、江戸期260年の町民文化が育んだ艶やかな遊び乃至オタク的趣味の数々を念頭に描き、それを彼の国に折り畳むとき、日本にあってKoreaにないもの又はKoreaにあって日本にない遊びとは何か、長く考えてきましたが、まだよく分かりません。写真は山ほどあるのでいずれ整理したいと考えています。

 

ロシアのメディアは根性があると見えプーチン大統領の秘密の別荘を写真付きですっぱ抜きました。森に埋もれた宮殿のような別荘のトイレのブラシ1本の値段がオレの月給と同じであることに気付いた庶民から不満の声があがったそうです。プーチンは自分が所有主であることを否定していますが、余所の国の話だから興味本位で思いますに、独裁国家の経営者には相応しい別荘なのかなと、それにしても、

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064904j:plain

プーチン宮殿 *ネットより

 

なんぼ偉ろうても

こんな別荘を欲しがるもんかね(~~!

 

そのむかし中曽根康弘首相がレーガン大統領を茶室に招いて持てなしました。きらびやかな構造物を好む元ハリウッドスターが、ワビ、サビを旨とする茶室に坐らされて何を思ったかは知りませんが、茶であれ武であれ、道を極めた人の立ち居振る舞いは、それ自体が他を圧する文化力です。背骨を正しく伸ばした茶道家が、茶碗を回し、クッと傾けるカッコよさには惚れ惚れしますね。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064937j:plain

にじり口 *ネットより

 

腰を曲げて

狭い入り口から

覗き込むと

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419064949j:plain

茶室 *ネットより

 

びっくりするほど

広い空間が開けます

 

政治家に対する好悪はさておき、帝大法学部卒、内務省官僚という特殊な訓練をされた中曽根康弘氏は背骨がピンと立った人物ではありました。聖徳太子が「日出ずる処の天子」と称して以来13世紀を経た日本国は、建国169年の若い国と武で争って敗れました。ならば茶で圧倒しようと企んだかどうか(^^!  武と文化が外交の両輪であることは確かです。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419065429j:plain

茶室 *ネットより

 

元はといえば

竪穴住居が進化し

ここまで来ました

 

飛び石の打ち方にさえ

雁掛け、千鳥掛け、大曲りと

様々な呼び名があります

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419065127j:plain

組立式茶室と夜桜 *ネットより

 

桜が美しいのは桜を

美しく見る文化があるからです

 

 

 f:id:sakaesukemura:20210419065149j:plain

新緑に包まれた組立式茶室 *ネットより

 

都市と地方が互いに関係するように

人為と自然も必要不可分の存在です

あれかこれかではなく

人間には両方必要なのでしょう

 

 

f:id:sakaesukemura:20210419065230j:plain

西表島の民宿 170703

 

亜熱帯植物がつくる結界の向こうで

芭蕉が揺れる一棟貸しの民宿は

ひとときの別荘であり

茶室でもありました

 

自然と文化がほどよく調和した

庶民の宿でしたが惜しいことに

今はありません

210419記 つづく

ちょっと道草 210413  写真で Go to西表島13  別荘民宿車中泊たまに野宿 a

 

210413 ちょっと道草 写真で Go to西表島13  別荘民宿車中泊たまに野宿(a)

 

 

 

ヒトはみな、カネさえあれば、宝籤が当たればどんなに仕合わせだろうと夢見ますが、本当に札束が降って湧いたらどうします? むかし株の神様=邱永漢が「年に1億円散財しよう。この指たかれ」と募集したところ、たちまち仲間が集まり、神様が旗振りをしました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094407j:plain

マングローブ林に埋もれた仲間川 170630

この視野角で人工物が見えない風景は珍しい

 

遊び暮らして1年で1億円を使い果たすには27万円/1日の計算になります。それが2日や3日ならぼくだって愉しく遊べそうですが、毎日27万円使うことが義務化されたらどうなのか。風邪をひいて1週間も休めば翌週は189万円の追加消費が求められます。LCCなら10万円で乗れるヒコーキに100万円も払ってファーストクラスに坐り、星が3つも4つも付いたホテルで最高級ワインを開けたところで追いつきません。それを年がら年中やらねばならないのだからだんだん苦しくなって脱落者が続出し、参加者は「使うより稼ぐ方が楽だ」という教訓を得たようです。事業の1億は小さな資金ですが、暮しを担保した上での遊興費1億エンはとてもじゃないけど使えんよ、要らんワというレベルのお金みたいです。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094429j:plain

浦内川の遊覧船 140426

 

それでもヒトはカネを欲しがります。野球やサッカーの高所得選手は、どんな暮しをしているのか、下世話な好奇心ではなく、生きる意味をカネの流れから考えるため家計簿を見せてもらいたいものですが、そのようなレポートってないですね。噂によると新庄選手がとてもユニークなカネ人生を送っているようですけど進んでプライバシーを丸裸するバカはいないので本当のところはわかりません。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094453j:plain

浦内川で舟遊び 140424

手漕ぎのカヤックには森の音が届きます

 

巨万の富を得た個人は何をするか? いつかのブログに宝籤で1000万円当てた友人が何をしたかについて書きました。その程度のカネだと、飲み屋で配って、新車に替えて、ゴルフで握って…小遣いの延長線上にある夢を叶えてお疲れさまって感じです。ぼくの身近なところに億のカネがドンと降ってきた人が複数います。慎ましい暮しを立てていたところへ数字が0の行進を始めたので正気を失い、冷たく言えば、得た悦びより失った日常の方が大きいかも知れんなと、、カネは使う訓練をした人のところへ必要額が降りたとき最大の効果を発揮します。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094515j:plain

沢に沿った登山道140424

 

トロイの遺跡を発掘したドイツ生れのシュリーマンは、不遇な幼少期を経、南米北米を転々としたあと武器輸出で巨万の富を得ました。Wikiにはいくらか冷たい筆で人物評が置かれていますが、旅行家として日本を訪れ「シュリーマン旅行記清国・日本」講談社学術文庫をものにし、その8年後にトロイの遺跡を発掘したシュリーマンは、死の商人であったとも言えますが、考古学の功績を素直に認めれば、カネは有効利用されたと言えるのではないでしょうか。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094543j:plain

板根に沿って這い上がる蔓140424

 

フランスで生れ、世界を転々とした画家Pゴーギャンもまた幸せとはいえない幼少期を経、株式仲買人として稼ぎ、ゴッホとの共同生活を経て、タチヒへ向かいました。浮世絵に強い影響を受けたゴーギャンの随筆「ノアノア」には、見たこともない日本の二文字が、日本のように、日本のような、と美を象徴する修飾語として使われています。ゴーギャンは生涯の節々でカネを得たり、失ったりしながら画家として一時代を画したわけですが、いま少しフトコロに余裕があって来日していたら、新たな着想を得たかもしれません。

 

イギリスの旅行家イザベラ・バードは、容赦ない筆で「朝鮮紀行」「中国奥地紀行」を書きました。一方、明治期の日本を東京から北海道まで歩いた「日本紀行」では、その大半に称賛の言葉を置いています。もしもバードとゴーギャンが、日光あたりで落ち合って互いに刺激し合いながら、山形秋田北海道と股旅を続けたらゴーギャンは、タヒチ時代とは違う画風をものにしたことでしょう。幕末から明治にかけて白人どもが世界を荒し回った時代は、異文化が衝突しダイナミックな火花を散らした時代でもありました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094620j:plain

マリユドの滝 140424

滝壺と呼ぶには大きすぎる池でした

 

株の神さま邱永漢は、戦後日本の経済成長期にドンと儲け、2001年に始まるChina経済の成長路線に乗って再び大儲けしました。得たカネ(と呼ぶより途方もない資金)をもって何をしたかと言えば、旅をする。旨いものを食う。新商売を発案する。カネにまつわる文を書き講演をして拍手喝采される等々 (傍目には)たのしい人生を送り「私は77歳で死にたい」という本を書いたにもかかわらず、Chinaで反日暴動が起こる2012年の春、88歳まで生きました。

 

台湾生れとはいえ氏の心の故郷はChinaにあったのだろうと推察します。その古き懐かしきChinaの街並みが、経済成長と引き換えにどんどん壊されることを悲しみ「Q天地」と称して旧市街の保存活動をしてもいます。「溜めたお金は使って完成」という名言を残したQ永漢は、日本とChinaの成長風に吹かれ、カネに遊ばれるのではなく、むしろカネを使い倒した人生でした。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094639j:plain

ピナイサーラの滝 170706

 

ハブを恐れず

蛭に献血したい方は

潮が満ちたころ

カヤックで向こう岸へ渡り

歩いて滝壺までどうぞ

 

正確な引用をするには本を100冊も読み返さねばならないのでご勘弁いただくとして、氏の箴言に「100億のカネをもてば100億の風景が見える」といった言葉があります。とすると邱永漢の弟子であり葬儀委員長でもあったUNIQLO柳井正社長には、その純資産438億ドルの風景が見えているのかどうか、まあぼくにはカンケイのない話ですが、逆にいえばサラリーマンには所得に応じた風景しか見えていないことになります。預金通帳を見つめ「この命なにをあくせく明日をのみ思いわづらふ」とうそぶくのがフツーの日本人なわけで、持つ者と持たざる者が同一の座標でカネを論じても無意味です。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094700j:plain

ヒルギ(マングローブ)の膝根 140422

膝を立てたような根っこで呼吸するのですと!?

 

では持つ者が持たざる者より多くのものが見えているかと言えば、認識の容量には限界があるので、必ずしも金持ち有利とは言えません。まばゆいばかりの金の光に愛された邱永漢が、野に咲く一輪の百合の花に目を止めたかと言えば、ぼくの読書記憶にそのようにしっとりとした文句は1行もありません。ものを書く日本人作家は例外なく身近の自然に眼差しを向けますが、Q氏は大陸由来の血が濃かったらしく、カネを稼ぎ、旨いものを食し、ロールスロイスに乗って、良い家に帰ることに人生のエネルギーを注力したかのようです。したがって「棒切れで球を打つ」スポーツには何の感心も持たなかったようですが、そこらあたりがカネ人生の限界だろうなとぼくは睨んでいます。博打の賭け金を吊り上げた世界で生きる人間が、この世の何もかも味わったことにはなりません。金持ちが見失った足元の世界は、フツーの人間が見損ねた金満世界と等量の空白なのでしょう。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094732j:plain

森の忍者サキシマカナヘビ 140420

 

長い前置きになりました この世には

持たざる者にしか見えない風景だってあるはずなので

わが後半人生はLCCと民宿と車中泊に捧げるだけで満足なのですが

それさえコロナで怪しくなりました

210413記 つづく

 

 

 

 

    # # # 高知の今 # # #

f:id:sakaesukemura:20210413094802j:plain

高知市春野の梨園 210411

 

2020年12月31日号で紹介した井上正康医師は、

コロナは風邪だ

日本人は抗体をもっている

PCR検査には問題がある

鎖国をしても何の効果もない

桜のころには消える

風邪とインフルエンザの行方?

外食産業は濡れ衣を着せられた

人類が初めて経験する遺伝子ワクチンは様子を見るべし

感染症指定2類を5類に落とせば医療崩壊はただちに解消する

等々の見解を述べました

 

 

f:id:sakaesukemura:20210413094824j:plain

梨の実 210411

 

4月13日現在その予想はほぼ当たっているように思われますが「桜のころには消える」はずのウィルスが変異し拡散し大騒ぎです。ぼくなどウィルスは変異しつつ弱毒化するものだと聞きましたが、本当のところはどうなのでしょう。メディアとしては話を膨らました方が得策だし、製薬会社ももうひと頑張りしたいであろうから煽りっぽい感じもしますけどね。ニュースで見た日本医師会会長の談話には、では医師会は何をしてきたのか、何をしたいのかという具体策が全くありませんでした。

 

井上正康医師によると「政府の決断を促した小池都知事に加え、専門家会議の(尾身)会長が『感染経路の大半は不明だが、飲食店が怪しいと思う』などと耳を疑う非科学的発言をされたことで、”本当に彼らが都政の責任者や政府を指導する専門家なのか? 自分が何か悪い夢でも見ているのではないか? と言い知れぬ不安が脳裏を横切った」そうです。(末尾に全文引用しました。ご興味のある方はどうぞ)

 

4月9日に高知でも8人の感染者が追加されました。しかし「全員が軽症」とのことですから鼻水たらして1週間も寝込んだら完治するのではないでしょうか。高知では過去19人のコロナ死がカウントされていますが、県人口76万人中わずか19人という数字は大騒ぎするほどのことなのかどうか、しかもその殆どが高齢者のはず、年寄りが「風邪をこじらせて」逝っても珍しいことではありませんが、コロナという言霊がかぶさるとニュースにされます。

 

ならばインフルエンザはどうなんだ? 肺炎は?

と誰もが疑問に思うことをさっき届いた大前研一のメルマガが

クールに指摘しているので全文添付します。ご参考までに。

 

 

 

 

大前研一のメルマガ 210409

▼結果だけを見れば、日本は新型コロナによって生き延びた人が多かった1年

日経新聞は先月29日、
「コロナ禍、超過死亡なし」
と題する記事を掲載しました。

2020年の1年間の死亡数が、
欧米では死亡数が平年を上回る
「超過死亡」となった一方、
日本は11年ぶりに減少しました。

マスクの着用や手洗いの徹底などで
季節性のインフルエンザが激減したことなどが
要因と見られる一方、
国内の新型コロナによる死亡数の9割は
高齢者であるほか、
集団感染の発生も高齢者施設が最も多く、
急所を突いた対策への転換が
急務としています。

日本人が様々な「言いつけ」を
律儀に守った結果だと言えるでしょう。

手洗い、マスクの着用を徹底し、
インフルエンザのワクチン接種も
積極的に行ってきました。

海外の論文によると、
インフルエンザのワクチンでも、
新型コロナウイルスに効果が見られた例も
あるとのことです。

日本では、2020年の
新型コロナによる死亡数は1673人でした。

感染性胃腸炎による死亡数よりも少ないのは驚きです。

また、インフルエンザの死亡数が
前年の3281人から941人に激減しているのも
驚異的だと思います。

呼吸器系疾患による死亡数を見ると、
肺炎による死亡数は7〜8万人ですから、
新型コロナによる死亡数とは
比べものになりません。

この結果だけを見れば、新型コロナ対策よりも、
肺炎対策に力を入れたほうが良いという
意見が出てもおかしくありません。

新型コロナウイルス感染が拡大し、
その対策をしたことで、
日本は結果として
「超過死亡」がマイナスになるという
世界的に見ても非常に珍しい国になりました。

欧米では新型コロナによる死亡数が多く、
「超過死亡」になっています。

すなわち、結果だけを見れば、
新型コロナウイルスによって、
日本では「生き延びた人が多い」と言えます。

 

 

井上正康医師の

▼医者いらず健康長寿処方箋87

「マスク依存症と自粛強要社会の不条理」

 

健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授 井上正康

先生は、癌や生活習慣病を「活性酸素」やエネルギー

代謝の観点と、地球や生命の歴史という大きな視野で研究され

ている国際的研究者です。現在、多くの府県医師会主催の公開講

座で講演され大好評を博しています。ぜひ貴師会でも!!

ご連絡はURLより。http://www.inouemasayasu.net

 

本年も早々に新型コロナ緊急事態宣言が発動され、その

延長と飲食業界をスケープゴートにした自粛時短強要が続い

ている。政府の決断を促した小池都知事に加え、専門家会議

の会長が「感染経路の大半は不明だが、飲食店が怪しいと

思う」などと耳を疑う非科学的発言をされた事で、“本当に

彼らが都政の責任者や政府を指導する専門家なのか?自分が

何か悪い夢でも見ているのではないか?”と言い知れぬ不安

が脳裏を横切った。メディアも相変わらず無意味なPCR陽性

者数を発表し続け、スパコン富岳の呼気画像が“口内はコロ

ナの巣窟!”との印象操作で国民を震え上がらせてマスク依

存症を増悪させている。今では大都会から田舎の過疎地に至

るまで、マスク姿が屋内外の異様な日常風景と化してしまっ

た。他者に感染させない“鼻出しマスク”で排除された受験

生や不着用で搭乗を拒否された方々はマスクヒステリーの被

害者である。“幽霊の正体”ではないが、ヒトの脳は得体の

知れないモノに恐怖を感じて忌避行動を起こすようにデザイ

ンされているのである。

 

吸気と供に侵入するコロナウイルスをマスクで排除する試

みは“鶏小屋の金網で蚊の侵入を防げ!”と主張するに等し

く、“竹槍でグラマンを落とせ!”と根性論で叫んでいた大

戦中の大本営発表と大差がない。一方、鶏が金網で逃げら

れない様に、咳やくしゃみで飛散する唾液中のウイルスは多

少トラップされるので、発症時にはマスクも意味があり、手

で顔を頻繁に触る人ではウイルスの移動も減少するかも知れ

ない。しかし、デンマークで行われた大規模比較試験では、

“新型コロナの感染予防にマスクは無効である”と報告され

ている。

 

実は、食事の度に口腔粘膜には無数の小さな傷が生じてお

り、ここから病原菌が入らない様に唾液中にIgA抗体や様々

な感染防御因子が分泌されている。しかも、傷口から毎日

数千万個もの活性化された白血球が出てきて口内を常時パ

トロールしている。戦闘モードの彼らは活性酸素や一酸化窒

素(NO)を常に放出しながら病原体を分解排除しているの

で、不安定なRNA遺伝子などは簡単に断片化されてしまう。

 

日本のPCR検査では40サイクル以上も増幅して感染力のない

RNA断片を検出して多数の偽陽性数を出している。熾烈な攻

防戦を1週間近く繰り返した末に傷口から侵入したコロナウ

イルスは血管壁のACE2受容体に結合して感染する。一方、

インフルエンザは気道粘膜のシアル酸を介して感染して短い

潜伏期で発症する。インフルエンザとコロナの感染特性の差

を理解することが感染予防策の鍵となる。

 

ACE2を介して感染する新型コロナの病態の本質は血管炎

血栓症である。従来のコロナ風邪もこじらせると重症化し

血栓症などで高齢者の命取りとなっていた。“風邪が万病

の源”と言われる所以である。

 

新型コロナは突然変異で感染

力が従来の6倍に増強し、インフルエンザよりも感染しやす

くなった。感染防御に重要な自然免疫系は、活性酸素やイン

ターフェロンなどでウイルスを排除するので後続のウイルス

は感染しにくくなる。

 

“ウイルス干渉”と呼ばれるこの現象

のお蔭で今年はインフルエンザが世界的に激減し、小児の手

足口病なども1%以下に抑制された。新型コロナはインフル

エンザよりも感染力は強いが、風邪と同様の病原性なので大

半は無症状で経過するが、免疫力の低下した高齢者ではこれ

までよりも注意が必要である。

 

繰り返される非常事態宣言と不毛な自粛強要により疲弊

した国民は平常心を失い、ワクチンに対して過剰な期待を抱

く様になった。従来のワクチンは病原体を用いる死菌ワクチ

ンや生ワクチンなどであるが、今回は大半が遺伝子ワクチン

である。遺伝子ワクチンの開発は米国の9.11同時多発テロ

に起こった炭疽菌テロ事件に端を発している。これに危機感

を強めたペンタゴンが軍事物資として開発を始め、米国、中

国、ロシア、フランスなどで密かに進められてきた。

 

遺伝子ワクチンは

どの様な病原体に対しても短期間に低コストで大

量生産可能であるが、何故か20年以上も陽の目を見ること

はなかった。何億人もの健常者に接種するワクチンには極め

て高い安全性が要求され、何年もの開発期間が必要である。

しかし、今回はパンデミックで世界中がパニックに陥り、安

全試験が無視されて一気に表舞台に躍り出た。この為に安全

性が不明の遺伝子ワクチンをいきなり無数の健常人に接種す

る非常識な人体実験が世界中で進められている。

 

昨年秋にEUで新型コロナがミンクに感染し、強毒株の誕

生を心配したベルギーなどで全頭が殺処分された。動物のコ

ロナワクチンは古くから研究されてきたが、特に猫コロナで

の研究が進んでいる。猫コロナでは腹膜炎が起こるが、ワク

チンを接種された全例が2年以内に死亡する事が判明してい

る。18年前のSARSでもコロナワクチンが注目されたが、変

異しやすいRNAウイルスでは抗体依存性感染増強(ADE)と

呼ばれる致死的副反応が起こり、サイトカインストームで死

亡する事からワクチン開発が凍結された。同様の理由からエ

ボラ、エイズC型肝炎などのRNAウイルスでも安全なワク

チンは未だに開発されていない。

 

遺伝子ワクチン開発の製薬

企業はその情報を熟知しており、これが動物実験を省略(或

は既知情報非公開で)してイキナリ接種を強行した理由かも

知れない。現在、短期間での副反応が少ないとして接種が継

続されているが、血栓症の症例や死者が出て北欧では接種を

中断する国が増えている。これが修羅場的副反応への序曲で

ない事を祈りたい。

 

日本では土着コロナによる毎年の免疫軍事訓練に加え、昨

年春までに大量の中国人旅行者と共に入国した新型弱毒株で

早期に免疫強化訓練を済ませている。日本人は既にワクチン

を数度接種したのと同じ免疫状態にあり、ウイルス干渉でイ

ンフルエンザの死亡者を激減させて超過死亡数を世界一少な

くする事ができた。新型コロナの無症候性感染者ではIgG抗

体の体内半減期が約36日であり、感染した1年後には抗体価

が測定限界以下になる。

 

しかし、免疫記憶が保存されている

ので大半の日本人では再感染しても防御反応が速やかに活性

化される。この様な理由から、安全性が不明な遺伝子ワクチ

ンを慌てて接種する医学的必要性はどこにも診られない。百

歩譲ってワクチンを接種するなら、冬型コロナが元気づく11

月頃が意味のある投与時期である。海外でのワクチン争奪戦

で安倍前首相が大枚を叩いて購入した遺伝子ワクチンの入荷

が大幅に遅れているが、これは国民にとって大いなる福音と

なるかも知れない。どちらに転んでも販売企業には濡れ手に

泡のドル箱となるであろう。

 

多くの国民はワクチンさえ接種すれば元の生活に戻れると

期待しているが、接種の有無に関わらず新型コロナは感染を

繰り返しながら人々の生活に溶け込んでいくであろう。しか

し、それまでに人々が失うものはあまりにも大きい。この不

条理に対して医学関係者が口を閉ざして渦中の栗を拾わない

事は、己の存在意義を無いに等しくするものであり、近代医

学史での拭い難い汚点となるであろう。

 

 

 

▼引用者注

以上は、井上正康医師が、昨秋来主張していることをご本人がまとめたものであり、その指摘は「桜のころ」のいま実証されつつあります。ぼくは氏の説を正しいと思う者ですが、あえて疑念を申せば「大量の中国人旅行者と共に入国した新型弱毒株で早期に免疫強化訓練を済ませている」ことが医学的に正しいにせよ、発生地の責任を問わない氏の姿勢が気にかかります。「香港風邪」「日本脳炎」のように通常、新しい病気には発生地の名称が被せられますが、当初「武漢肺炎」「中国ウィルス」と呼ばれた感染症が、WHOではCOVID19、日本では新型コロナとイミフな名称に置き換えられ、責任の所在が曖昧にされています。井上正康医師は、あたかも「中国人旅行者」のおかげで日本人は安全が担保されたかのような物言いをし、書いてもいますが、それは何なのか? Chinaに対する忖度かとつい邪推してしまうのです。”いやいや、それは政治の話でしょ? 医学とは関係がありません”と反論されればそれまでですが、、

 

 

 

 

ちょっと道草 210407 写真で Go to西表島(12 イリオモテヤマネコ プロ写真

 

 

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407062849j:plain

ヤマネコ注意看板 170707

 

この角度この構図で森に棲むヤマネコの写真を撮るのは至難の業です。軽い望遠レンズを使っているようなので近場から狙った一枚すなわち保護されたイリオモテヤマネコを飼育場で撮った写真でしょう。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407062923j:plain

横塚眞己人氏が撮ったイリオモテヤマネコ

西表島フィールド図鑑」2011年実業之日本社発行の表紙

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063025j:plain

「日本遺産№25」2003年朝日新聞社発行の表紙

 撮影 横塚眞己人

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063249j:plain

「日本遺産№25」p14より 

 

被写界深度が浅いのは大砲みたいな望遠レンズのせい。ピントは瞳にジャンと合っています。ハブと蛭とマラリア蚊が守る太古の森を大砲と三脚を抱えて歩き回っただけでも恐れ入りますが、地元民さえ滅多に見ることのないヤマネコの居場所を突き止め、テントを張り、夜を徹してねばった一枚なのでしょう。丸い耳、白いアイシャドー、毛並みの色艶、肉体改造を終えた大谷翔平選手のようにたくましい腰まできっちり捉えています。

 

横塚眞己人氏が西表島に滞在したのは1985~1994年の間だからまだデジタルカメラは出回っていません。当節のデジカメはISO感度10万超というほとんど赤外線暗視装置のようなものまで発売されていますが、この写真が撮られたころのフィルム感度はISO1600あたりが限度ですから木の下闇でブレのない写真を撮ろうと思えばそれなりの設定が必要です。しかもチャンスは一度きり。プロは汗を見せないのが原則なので氏は撮影に関する説明も弁明もしませんが、「西表島ヤマネコ騒動記」小学館文庫を読めば、この一枚を撮るために費やした時間とエネルギーが想像されます。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063354j:plain

西表島フィールド図鑑」p72より

 

イエネコだって木に登る

ぼくもちょいちょい柿の木の上で

爪を研ぐハナちゃんを撮ります

が、どうやっても緊張感が乗りません

 

これは森で撮ったプロの絵

構図よしピント露出もドンピシャ

必要にして充分な条件が揃っています

 

若き横塚眞己人氏は西表島で写真集をつくろうと思い立ちます。思うだけなら誰でもできますが、宿は? 期間は? 費用は? 出版社と交渉し、ツレを説得する殺し文句を考え、村人の不作法な目に耐える強い精神を養い、成功した今なら何とでも言えるが海のものとも山のものとも付かない当時は、気の利いたピッピー程度にあしらわれたこともあったはず、まあ青春とはそのようなものであり、なればこその若い力で切り拓いた写真集なのだろうと拝察します。ヤマネコに限らず「西表島フィールド図鑑」に置かれた鳥、虫、樹木、草花の一枚一枚が、よくぞこの瞬間を、この光、この構図で捉えたものだと感心します。世によくある誰が撮ったとも知れない写真を欠伸しながら散らした図鑑とは一線を画しています。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063435j:plain

西表島フィールド図鑑」p70より

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407070525j:plain

水に入ったヤマネコ

「日本遺産№25」p15より

 

イエネコは水を怖がりますが

ヤマネコは川を渡ります

 

浦内川観光船の船長さんによると、

この仕事を10年ほどやっているが

ヤマネコを見たのは1回きり

「子連れで泳いでいた」そうです

 

そのヤマネコが水に入る瞬間を狙って

シャッターを切った写真家の執念に敬服します

観光旅行でたまたまヤマネコに出会うことはあっても

偶然を定着させたプロの絵は別次元です

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063556j:plain

西表島フィールド図鑑」p71より

 

尻がたくましく尾の長い

イリオモテヤマネコ

気配を察し振り向いた瞬間

 

上下の木部が緊張感をつくり

読者はヤマネコの瞳に誘導されます

ヒトとネコの視線がぶつかり

散った火花が芸術としたもの

 

写真に絵画性がなければパラパラめくってハイおしまい

じっくり目を止めて考える気にはならないでしょう

図鑑だから観察条件が揃えばよいとするのは

安物図鑑ないし学校教科書に見られる低い文化です

 

息を詰め、一瞬のチャンスに人指し指で反応した写真集をゆっくり捲っているうちにふと、写真ってレンズを透かした俳句だなと思い至りました。松尾芭蕉は、和歌も連歌も絵も茶も通底するところは同じ→「西行が和歌における、宗祇の連歌における、雪舟の絵における、利休が茶における、その貫道するものは一なり」と断じました。とすれば横塚眞己人は認識の道具としてカメラを追加したことになります。

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063533j:plain

横塚眞己人著「新装版イリオモテ島」p72より

新日本教育図書㏍2002年版

 

この仕種をみればイリオモテヤマネコ

ウチのネコと変わらんなと思いますネ

 

蛇足ですけど

2011年刊「西表島フィールド図鑑」はすげえ! と思いながら本棚から上記1987年初版の「新装版イリオモテ島」を取り出したところ意外にも素人っぽい写真が散らかっているので、あれッと思いました。プロ写真家だって初めは素人です。編集方法を含め横塚眞己人30歳の作品が若いのは当たり前かも知れません。(上の樹上で顔を洗うヤマネコは別ですが)

 

 

f:id:sakaesukemura:20210407063638j:plain

ヤマネコバッグとツーショット^^

ワケありで耳がげじげじの

ハナちゃんでした

210407記 つづく

 

 

 

どーでもよいことですが

2001年に買ったHondaのナンバーを51にしたら

知らない人が寄って来て野球話で盛り上がりました

いつしか年は過ぎ車も選手も世代交代し再び

はるか昔の歴史が掘り返されています

次のToyotaは17番にしようかなと…

 

ちょっと道草 210401 写真で Go to西表島(11 イリオモテヤマネコ 素人写真

 

 

 

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401060028j:plain

イリオモテヤマネコ 140419

大原から大富口ヘ向かう東部縦断道にて

 

40㎜マクロ標準レンズで撮った写真なので空間の幅はヒトの目に近い感覚です。たぶんこの距離がヒトとヤマネコのぎりぎりの間合いなのでしょう。シャッター音が届いたかヤマネコは身を翻し左の茂みに消えました。

 

イエネコとヤマネコの外見上の違いは、耳が丸い。目の周りに白い隈がある。尻尾が長い。腰の筋肉が発達している等々にあります。後ろ足に強いバネを持つヤマネコは重力を無視するかのようにジャンプし茂みにスルリと溶け込みました。

 

その優雅な放物線を見て以来ぼくは飼い猫が飛び上がる瞬間を注視する癖が付きました。イエネコだって元は野生だからたくましさを持っていたはずですが、ヤマネコとはプロ選手と素人くらいの差があります。飛ぼうか飛ぶまいかと迷う程度の塀の高みにジャンプし前足を引っかけておろおろする飼いネコを見るにつけヒトもネコも安穏と暮らしていると堕落することがわかります。

 

島の食堂で飯を食っていたら隣の席でネコ話に花が咲き、ヤマネコを目撃した地元の人間が「いやあオレ山道で初めて見て感動したよ。カメラもってたらなチッキショ」というような話を長いことやっていたのを聴きぼくはムヒヒ、、でした。白浜で泊まった民宿の女将さんも森のヤマネコは見たことがないそうで「クニに帰ったら写真を送ってよ。壁に貼るから」とのこと、

 

ところが世の中にはえらいヒトがいるもので、星立(干立)の民宿の女将さんによると「昔はシシでも魚でも獲れたら部落のみんなで分けて食べたものでした。ある日ネコが獲れたって言うから箸とお椀をもって行ったら、ネコって小さいでしょ、ちょっとしかないのよ」と掌でお椀をつくって残念そうでした。

 

1965年(昭和40年)本土復帰前の沖縄でイリオモテヤマネコの標本を入手した動物作家、戸川幸夫が聞いたら顔色が変わるような話ですが、作家と地元民では目的がちがうからネコに向ける眼差しがちがうのは当たり前のことです。当時イリオモテヤマネコは島の独立種であるとされ、とすれば動物学界を超える分野にも影響する大発見なので日本中が沸きました。新種は発見した人に命名権が与えられます。ヤマネコの名前をどうするかの段で、トガワヤマネコもしくはイリオモテヤマネコが候補にあがり、どちらか選べと言われた戸川幸夫氏は謙虚な判断をしたというわけです。

 

遺伝子分析によりイリオモテヤマネコは、ベンガルヤマネコの亜種とされ、学術的価値はややランクが下がりましたが、天然記念物のカンムリワシセマルハコガメと並び島人のidentityを支える重要動物であることに違いはありません。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401060705j:plain
中央部拡大

 

この写真は、ずっと前のプログで使いましたが

これきりの一枚なのでしつこく置かせてもらいます

夜行性のヤマネコが昼間の道にあらわれるのは珍しいそうです

 

わずか2度目の訪問で運良く島のVIPを写真に収めたワタクシは、西表野生生物保護センターめがけてバイクを走らせ、所長さんに見てもらいました。昔の一眼NikonD300sはモニターの液晶画面が小さく、拡大してもネコの姿ははっきりしませんが、プロ中のプロは、場所や時刻を問い、ためつすがめつ、見つめたあと「間違いありません」とのお墨付きを呉れました。そのような次第で下のワッペンはネコ情報の提供者に与えられた勲章なのです。えっへん^^

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401060759j:plain

センターで貰った記念のワッペン

しかし少しばかり苦情を言わせてもらえば

絵がとても下手なのですね

なんかネズミみたいな…

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401060829j:plain

イリオモテヤマネコ発見捕獲の地」碑  舟浮140423

 

「国の天然記念物イリオモテヤマネコは1974年(昭和50年)3月17日午前3時頃この地にて鶏を襲って小屋に入ったところを池田稔によって発見捕獲された」とあります。1974年は小野田寛郎少尉51歳がフィリピンはルバング島より帰還した年であり、Chinaでは文化大革命という血なまぐさい権力闘争が進行中、ベトナム戦争におけるサイゴン陥落の前年でもあります。大戦の余波さめやらぬころ日本では新種のネコを生け捕りして大騒ぎになりました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401061029j:plain

点滅灯付きのネコ注意看板130920

 

学者の推論によるとヤマネコの棲息数は100匹ていどのものだろうと言われます。それが島を半周する道路で事故に遭うのは忍びないので、頻繁にヤマネコ情報が寄せられる山と道の境にネットを張り、看板を置き、車の到来を音で知らせたり、交雑を避けるためイエネコに規制を掛けたり、あの手この手で保護対策を打っています。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401061053j:plain

130919

 

よく見ると看板の提供者は沖縄県建設業協会です。本当にネコを守るのであれば道路は造らない方がよいのですが、そこはまあ痛し痒しとしたもので、西表島でもヒトとネコの共存を図って議論がつづき最終的に環境庁の一存をもって島を一周する道路は建設中止となりました。だからバスも車も島を半周する大原・白浜間の短い距離を行ったり来たりしています。

 

 

                 

f:id:sakaesukemura:20210401061132j:plain
失礼ですがこの絵も下手すぎ 130919

豹が化けて猫又になったのかよと(~~!

 

話は跳びますが

徒然草に化け猫が登場します。「ネコの経ヘあがりて猫又になりて」「人を食ふなると人の言ひけるに」とあるから長く生きた猫は犬ほど太り、人食い猫になるという恐ろしい言い伝えです。月も灯もない昔の夜は真っ暗闇、今でも新月の森に分け入ると目と鼻の先に何があるか見えず闇の中を泳ぐような気がします。全方位をぐるりと闇に取り巻かれた連歌好きの法師が、わずかな明かりをたよりに帰り道を急ぎました。

 

 

f:id:sakaesukemura:20210401061228j:plain

佐脇高之(草冠の高)絵  *wikiより

目を閉じ三味線の音に耳を澄ます猫又

 

連歌好きといえば優雅な趣味の持ち主みたいですが、やはりそこは人間なので、勝った負けたでカネを賭けねば本気になれないところがあります。四角四面の検事長だって雀卓を囲んで遊ぶには多少の掛け金は要るわけで、そんなことで大騒ぎする今の日本は、文化的に劣化したか又は深い悪意があってのことでしょう。

 

連歌好き→賭け事好きの坊主が、懸賞の品物を手に、闇に怯え、妄想で頭を一杯にして家へ向かうところを巨大な化け猫に襲われました。夜道で搔きつかれた拍子に、小川へぶちこけ「助けよや猫またよやよや」とわめき騒いだという挿話ですが、その末尾で「飼ひける犬の暗けれど主を知りて飛びつきたりけるとぞ」と落とすところなどマジなフリしてバカを描く兼好ペンの真骨頂です。

 

この話は高校古典の教科書にも登場し、笑ってお終いという段なのですけども、よくよく考えれば抽象的な近代用語を使わず、やまと言葉に深い哲学を乗せたという意味において兼好法師は只者ではありません。

 

付け加えれば

ラブレターの代筆をしたこともあるらしい兼好法師の女性論は秀逸です。徒然草107段「女の物言ひかけたる返事カエリゴト」冒頭部で、男をめろめろにする女の美しさを描き、女性を意識するからこそ男のダンディズムはあると説いたあと筆は反転します。「かく人に恥ぢらるる女、如何ばかりぞと思ふに、女の性は皆ひがめり」「人我の相深く、貪欲はなはだしく ~ 深くたばかり飾れることは男の智恵にもまさりたるかと思へば、あとよりあらわるるを知らず、すなほならずして拙きものは女なり」と辛口の論評を畳み込みます。フェミニズムの信奉者が読んだら目を吊り上げそうですが、心ある女性なら幾ばくかの自省とともにあらあらと思いながら読み終えるであろう段です。

 

東京オリパラ組織委員会会長の森喜朗元総理大臣が「女性の話は長い」発言をしたトガで非難を受けました。その発言をフツーの国語感覚で読むかぎり、昔のオッサンがよく口にした軽い洒落にすぎず、悪意など伺えませんが、ここぞとばかり飛びついたメディアの餌食にされました。小さなことを大きく膨らまし、あたかも全世界の女性が怒り狂っているぞといわんばかりの報道でしたが、であるなら国体を揺るがす外交問題に全く触れないお前ら記者は何なのよと逆に問いたいほどです。記者(ないし下ッ端を顎で使うデスクあるいはダークサイド)の故郷はどこにあるのかとフツーの日本人ぼくは考え込みました。

 

素人のネコ写真から脱線しました

次回プロのネコ写真にもどります

210401記 つづく